2017年3月23日

Honohono (真鶴町のイタリアンレストラン)

 皆様ご機嫌いかがですか?
伊豆半島の付け根に位置する真鶴は東洋のアマルフィと言われる風光明媚で気候温暖な町です。仕事と楽しみを兼ねて真鶴町をしばしば訪れる機会に恵まれています。真鶴半島は魚林と言われる林の豊かな木々のお蔭で海域にはプランクトンが大量に発生します。プランクトンを求める魚たちが海を豊かにし、私たちの食卓を潤わせてくれているのですね。

 真鶴漁港の真ん前に位置するイタリアンレストラン、Honohono(ホノホノ)。
お昼時は予約をしないとお席が取れないほどの人気のお店です。周りは古くから営業しているお魚料理の渋いお店ばかりなので明るくシンプルな店構えが際立って見えます。


 お料理はもちろんシーフード中心。その日に採れたお魚を使って作ってくれます。
ソースや付け合わせも産直の野菜や果物を利用して作られています。
地元、真鶴を大切にしている気持ちが伝わります。


 オーナーの入江氏(写真右)とシェフたち。
ホノホノの名前の由来を訪ねるとHONOはハワイの言葉で入り江という意味で、真鶴半島のこのお店の場所も入り江に位置しているからだと教えてくれました。

なるほど。入り江の店ということですね。
おまけの写真。

不揃いだけれどオーガニックの香り高いオレンジやレモン。

こちらのレモンを使って作られたレモネード(写真下)は絶品でした!
ぜひお試しください。

Honohono
真鶴町真鶴1027 Tel.0465-20-8556
http://honomana.com

2017年3月22日

Sweet Old etc. (古き良きモノたち)

 皆様ご機嫌いかがですか?
シノワズリーのOld Willow。お店で出会ったときこれらにはすでにひびが入っていました。ひび入りのものでも大切に売っているところがイギリスらしいなと感心しているとお店の人から修復すればこの先もずっと使えると言われました。色も形も大きさも気に入り求めて以来10年以上お直ししなかったけれどこのたび友人のKomugiさんに金継を施していただきグレードアップして戻ってきました。


 ガラスも金で継ぐと割れ目がデザインになりとても素敵になることに気づきました。
いままであきらめていたアンティークガラスもお化粧直しをし再びお仕事ができるようになりました。



断捨離を気にしないで気に行ったモノたちを修復したりアップサイクルして次々によみがえらせています。
手を加えることでまた異なる使い方を発見できます。暮らしの楽しみにはほんの小さな仕掛けが必要です。1日にひとつ小さなワクワクを見つける。それが暮らしのスパイスになりますね。

2017年3月21日

Gift for myself (自分への贈り物)

 皆様ご機嫌いかがですか?
友人のGraceにお願いして春夏に向けてお洋服を引き立ててくれるアクセサリーを作ってもらいました。
オーソドックスでシンプルな形のお洋服もアクセサリーによって様々な変化が楽しめます。

 短めのネックレスに花びら形の貝がアクセント。シックで華やかなデザインです。

\4,320(税込)
チェコビーズのロングネックレス。
お色はシルバーのバロック形です。
大きさが不揃いなところがハンドメイドらしく目を引きます。

グリーンの天然石は幸運を呼ぶと言われるアベンチュリンです。チェコビーズの間にも組み込まれています。
\4,320(税込)~ \5,400(税込)


 ピンクの桜貝のようなシェルのネックレス。
春が来た!と感じますね。

\3,240(税込)
 ブルーガラスのネックレス。
\3,240(税込)

ひとつずつがオリジナルで丁寧に作られたアクセサリーたち。サイズのお直しなどもいたします。

スカーフと同様にアクセサリーはお洋服を引き立てる名脇役。春に向けてお洒落をしたくなりますね。




おまけの写真。

花の発するエネルギーのお蔭で体も心も癒され元気になります。優しい色のローズとラナンキュラスのブーケにしばしうっとり。自分への贈り物に花を求めませんか?

お花屋さんの店先はすっかり春ですね。

2017年3月20日

Bread Pudding (イギリスのお菓子)

 皆様ご機嫌いかがですか?
知人宅でお昼にいただいたBread Pudding (パンプディング)がとても美味しかったのでBread Puddingのことをご紹介したくなりました。
写真(右)はホームメイドマーマレードがトッピングされていました。Jamie Oliverのレシピにも定番プディングとしてレシピがございました。彼はナツメグやシナモンをかけるとのこと。マーマレードのお味がしまりそうですね。

 このお菓子の良いところは残り物で硬くなったパンでもアップサイクルさせて美味しく変身できることです。
中身も自在にあるものでお味を楽しめます。
 卵ベースのソースも中身の具材やスパイスはお好みで自由です。


 甘いもの好きのイギリス人は熱々のプディングにやはり暖かいカスタードなどをかけていただきます。
中身によってはオカズにもなりそうですね。
ぜひ試してみようと思います。

2017年3月19日

Dog Lovers (ホワイトシェパードのライチのこと)

皆様ご機嫌いかがですか?
バーティの友人、ホワイトシェパードのライチ。鵠沼のリリエンドックスクールの看板犬でした。一昨日12歳11ケ月(人間の年齢で100歳)にて天寿を全うしました。
今頃は凛々しい姿で虹の橋に佇んでいることと思います。
 ライチたちホワイトシェパードはジャーマンシェパードから生まれた犬種だそうです。性格は優しく穏やかな上賢いので訓練によって救助犬として大活躍しています。

ライチのお母さん、有里ちゃんは優秀なドックトレーナーです。彼も仔犬のときからきちんと躾をされおりスクールに通ってくる他のわんこたちのお手本でした。



 ライチの故郷、徳島のノイマン警察犬訓練所のホワイトシェパードたち。ここではこんなにたくさんの可愛い仔たちが集団生活をしお勉強に励んでいます。
これから世の中のために良い仕事をする気概が感じられますね。
ライチもこの中におります。
さて、どの仔でしょう?





晩年になり彼に小さな妹のコトリちゃんが出来たときも大切に愛しんでくれました。優しく暖かいライチのことコトリちゃんもきっと忘れないでしょう。

写真(左)はコトリちゃんの従兄のマトちゃんです。


 ライチのお母さん主宰のリリエンドックスクール。
コトリちゃんを出産のため2017年夏まで休校です。お問い合わせは以下までお願いいいたします。


http://liliendog.com/

おまけの写真。
ライチとバーティ。
ふたりは同い年です。しつこい性格のバーティのこと嫌がらず大人の貫禄で相手をしてくれたね~。
優しいライチのことずっと忘れないからね。

ありがとう。

2017年3月18日

About Tea (お茶の話)

 皆様ご機嫌いかがですか?
ポタリーの仕事仲間、雪ノ下のTEALENTEE(ティーレンテー)さんから春のお茶が届きました。

香り高いEarl Grey アールグレイ(OP)と
Spring Bluhenスプリングブルーヘン。春の目覚めに最適です。

Spring Bluehen:
アップルベースのオリジナルフレーバーティー。茶葉にアップルピースとオレンジピールを加えた爽やかな甘さを持つお茶です。

ポタリーカフェでお飲みいただけます。

TEALENTEE: http://tealentee.com/



ポタリーカフェの定番。
ディンブラ。
アッサム。
ダージリン。
こちらも入荷しました。
おまけの写真。

ホワイトデーにいただいた中国茶。
可愛いパッケージを開けるとお茶の花々が登場します。

どれほど忙しくてもどれほどストレスがたまっていても一杯のお茶を丁寧に飲めば心穏やかに、体健やかになれます。
お茶の奥深さ、改めて感じ入ります。


2017年3月17日

Pottery Garden in March (3月のポタリーガーデン)

 皆様ご機嫌いかがですか?
このところぐんと夜明けが早くなりましたね。にぎやかなヒヨドリたちの鳴き声で目が覚めるようになりました。陽が高くなるにつれ植物も動物たちも元気に活動開始です。私の小さな庭は一見したところまだ何も無いようですが良く見るとたくさんの小さな花々が顔を出してきたことが分かります。

春が来る!それだけでワクワクするのは春はいつも始まりを予告してくれるからですね。








彼岸花科の小さなラッパ水仙、ティタティタ。
毎年ぐんぐん増えています。
植えた記憶のないところからも顔を出してくれます。
可愛いですね。

Tete a Tete(ティタティタ)の花言葉:
自己愛 自尊心



 おまけの写真
小鳥のために取っておいた夏みかん。テーブルの上に置いておいたら、、、、リスがほじって食べていました。写真を撮る前にすごいスピードで逃げてしまいました~。

可愛いですね。
 おまけの写真②

柔らかいお花の芽が出てくるとかじるバーティ。
この場所は彼のサラダバーになっています。
おまけの写真③

青空に映える白モクレンの大木。
毎年この木に花が咲くとたくさんの人々が観にきます。堂々たる姿は見事としか言えません。