2017年10月23日

Doors & Windows (アンティーク Bon Cote)

皆様ご機嫌いかがですか?
ドアは家の顔立ちを決める大切なエレメント。キャラクターたっぷりの美しい扉からはそこに住まう人の個性が垣間見えます。

静岡県清水のアンティークショップ、Bon Cote (ボン・コテ)さんはフランスから直輸入した扉をたくさん拝見できる素敵なお店です。
商品のクオリティの高さはもとより品数の多さでも定評があります。

 オーナー自らがリフォームに参加したという社宅に伺いました。アイアンの飾りのついた両開き戸にはオリジナルのフランス落としがついており金物一つとっても美しく本物のモノが放つオーラに心ときめきました。

経年するにつれて価値が増す。
私たちもあやかりたいものです。




2017年10月22日

Typhoon (台風上陸?)

 皆さんご機嫌いかがですか?
朝から大量の雨が降り予報どおり台風が近づいて来ました。

雨が降ると外を歩きにくくなり服が濡れるなど気分がダウンしがちですが意外に雨の日ならではのメリットもあります。

一番のメリットはマイナスイオン。空気中のわずかな電気を帯びた分子たちがマイナスイオンとなって広がります。
雨が電気を拡散し体を元気づけてくれるのですね。



また雨の日は外にでられずゆっくりできるので体が元気になります。
晴耕雨読は理にかなったライフスタイルなのですね。



でも雨の日はとても退屈をするバーティ。
ストレスのたまったお顔をしています。
明日はきっと良いお天気なるからたくさんお散歩しようね。


2017年10月21日

New Arrival (新商品入荷のお知らせ)

 皆様ご機嫌いかがですか?
週末は台風接近のため大雨予報です。
先日入荷したばかりのレインブーツを購入しました。穿いてみたら何やら子供の気分で水たまりもザバザバ歩けます。足下が濡れることを気にせずにお散歩できて快適でした。

お揃いの傘もございます。



William Morrisの代表的デザイン。
イチゴ泥棒(Strawberry Thief) と
スイカズラ(Honeysuckle)





レインブーツ ¥9,720
傘      ¥7,344
ジョーロ   ¥6,912 (税込)




2017年10月20日

Language of Flower (金木犀)

 皆様ご機嫌いかがですか?
冷たい雨の朝 急ぎ足で歩いていたら何やら芳しい香りが道路から立ち上がってきました!
オレンジ色の金木犀の小さな花たち。アスファルトの道を彩り優しい香りを届けてくれました。




秋雨の降るころ小さな花を咲かせ季節の移ろいを香りで知らせます。

雨と共に潔く散る 金木犀の花言葉は ”謙虚、そして
気高さ”。

目立たずともしっかりお仕事をしている感心な花です。



おまけの写真。

ポタリーカフェの定番がまたひとつ増えました。
ソーセージロールです。

イギリスに行くと必ずいただくペイストリー。
あの味が懐かしくてポタリースタッフの真野さんに作ってもらいました。
すごく美味しいのでぜひカフェでお試しください。

\486 each

2017年10月19日

Asao Tokoro Solo Exhibition (野老朝雄氏個展)

 皆様ご機嫌いかがですか?
雨の東京。表参道から一本奥に入ると個性的な建物やお店が佇む通りにでます。この辺りは青山通界隈の喧騒から離れゆったり感が漂っています。
友人に誘われてデザイナー、野老朝雄氏(トコロアサオ)の個展を訪ねました。場所は荒川技研工業のショールーム兼ギャラリー。ミニマムでスタイリッシュな空間に野老氏のアルゴリズムをコンセプトにした作品がぴったり収まっていました。

 このデザインをご覧になる方は東京オリンピックのエンブレムを思い出されることと思います。
”つなぐ”をテーマにしたエンブレムはどの場所で切り取っても次の場所とつながようになっています。

彼のデザインは2次元のみならず3次元に変換されても同じ原理で次々とぴったりはまっていくので面白いなと感心しきりでした。




野老氏は打合せ中でお目にかかれなかったですがジュエリーデザイナーの奥様(写真中央)とお話ができました。

モノを作る人ならではの素敵な眼差しをなさっていました。

2017年10月18日

The joy of Winter (冬の楽しみ)

 皆様ごきげんいかがですか?
10月も半ばを過ぎると季節は冬へと走り出します。日々陽が短くなり日暮れ時間が早まると暖かい灯のともる家に帰ることが楽しくなってきますね。
気が早いけれどこの時期になるとクリスマスを意識したホームアクセサリーも店頭を飾り始めます。

写真はクリスマスのためのオーナメントです。鳥好きのイギリス人らしい小鳥たちのデザインが可愛くてたくさん求めてきました。



 田舎を歩いていると突然に茂みの中からキジが飛び出してくることがあります。
美しい毛並みのキジを間近かで見られるのもEnglish Countryならではですね。





Blue tit (アオガラ)と並ぶ小鳥たちの代表は赤いお腹のロビンです。
暖かい色合いのせいかクリスマスカードにもしばしば登場します。

Blue titもRobinも日本のシジュウカラやコマドリの種類だけれど餌付けをされることが多いせいかずっとフレンドリーなように思えます。






2017年10月17日

New Arrival (Blue & White )

皆様ご機嫌いかがですか?
イギリスの家庭でよく見かけるSomething Blueの食器。Blue & Whiteの2色で様々なデザインが生まれました。
写真はJohnson & BrothersのChippendale Blue flower(Rose)。大柄なバラを品の良いブルーで描いたティーセットです。カップもたっぷりしているのでアフタヌーンティーはもとよりブレックファストティーにも向いています。

 こちらは私のB&Wコレクション。Burleigh(バーレィ)のCalico(キャリコ)は春のプリムラをイメージしたデザインで不滅の人気を誇っています。同じパターンでも濃淡を出したり白の分量を増やすだけで違う柄に見えますね。
私のキャリコはアンティークなので現代版よりちょっとプリントがボケていますがそれもまたキャラクターだなーと愛着ひとしおです。
 B&Wの王道。
Blue italian と Blue Willow.

百年以上同じパターンのものが製作されています。写真はアンティークですが新しいものと比べて貫録たっぷりです。手から手へと大切に受け継いできた人々の暮らしぶりが垣間見えるところが古き良きモノたちと過ごす醍醐味です。

イギリス流に言うとキャラクターが付くということですね。 私のモノたちは金継が施され一層すごみが増しました。

2017年10月16日

Rainy Monday (雨の月曜日)

 皆様ご機嫌いかがですか?
冷たい雨の降る月曜日。例年より1ケ月早くストーブに火を入れました。
今日は慣らし焚きなので低温からじっくりと空気を温めました。薪のはぜる音が冬の訪れを知らせてくれます。寒くなって寂しい季節になりましたがまた再び火のある暮らしを楽しめると思うとちょっと嬉しくなります。

おまけの写真。
暖かい場所でのうのうとお昼寝をするバーティをしっかり見守るバーティ子分たち。

2017年10月15日

Dog Lovers

 皆様ごきげんいかがですか?

夏の始めから涼しい山で暮らしていたバーティ。毎日快適にぐーたらお昼寝三昧で過ごしたお蔭でものすごく元気になりました。



こちらは寒くなってきましたー。
明日ぼくは鎌倉山へ帰ります!!!
お風呂にいれてもらって今はぐっすりです。

明日お店で待っているからね。


2017年10月14日

Hospitality (おもてなし)


皆様ごきげんいかがですか?
忙しかった1週間が終わる週末のひととき。親しい友人と気軽にお食事しながらの女子会ほど心楽しくなれるものはありません。
今宵はハーブ研究家の池田貴美子先生の野菜たっぷりご飯に心身共に癒されて参りました。
盛り付けに使われたRoyal Worcester社のイブシャムシリーズのデミカップのなかに特製ウースターソースが入っています。
ハーブ&スパイスの効いたソースはドレッシングのようにシンプルなお味のお料理にぴったり。今日は湯通しした豚しゃぶ肉にたっぷりつけていただきました。

急いでお食事の支度をしなくてはならないときにこのソースがあると味付け時間が短縮され便利ですね。





おまけの写真。

嬉しい時、お祝いしたいとき、楽しみたいとき、誰かに喜んでほしい時、私は花を求めます。

でも一番花が必要なときは心疲れ慰めてほしいときです。

花は言葉を発しないけれどその姿のすべてでいつも励ましてくれるからです。
今日もありがとう!





2017年10月13日

Pottery Gallery in November (11月のポタリーギャラリー)

 皆様ご機嫌いかがですか?
11月のポタリーギャラリーでは身につけて楽しめる素敵なジュエリーとニットの展示会を開催いたします。

前半の2週間はmami. mano jewelry主宰、真実さんによる豊かでミステリアスなジュエリーたちをご紹介いたします。

写真上は時の旅人という名のネックレース。アンモナイトの化石やビーズ、天然石をふんだんに使った異国情緒たっぷりなデザインです。真実さんらしいクラフト性の高い装飾を施された一品は大人の女性にぴったりの作品です。 

Crystal Sugar.
スワロフスキービーズで豪華に作られました。パーティの多い年末へ向かい何通りにも活躍しそうな一本ですね。

mami. mano jewelry展:

日時: 11月1日~11月15日
    午前11時~午後5時まで
場所: ハウス オブ ポタリーギャラリー
全日程中作家在廊です。


作家プロフィール:
mami.mano jewelry(マミマノジュエリー)
心、輝く…首飾りをコンセプトに活動を開始。
全国百貨店及びギャラリーにて展示会を開催。
ジュエリー製作のワークショップも主催する。
2011年、シンガポールでのJapan Fairに日本人クラフト作家として招待を受け世界の人々へ向けた作品の発信を始める。
個々人の肌色や個性に合わせた”似合う色”の提案等、細やかな心配りのあるジュエリーを製作する仕事ぶりです。